札幌テレビが運営する北海道のヘルスケア情報サイト
先生の声
手足や脇の汗で悩んでる方は「局所多汗症」かも?

手汗や足汗は病気なの?

 私は小さな頃からそれほど緊張していなくても、手や足に汗をかくことが多く、悩んでいました。人と手をつなぐ時、人からボールペンを借りて返す時、テストの時(テスト用紙がフニャフニャになるし、鉛筆の文字が消える。)、鉄棒をする時、裸足でフローリングを歩く時、全てがストレスでした。歳を取ると症状は改善してきましたが、少しの精神的な動揺や食事、温熱刺激などでも手汗が出ることがあります。

 このように、特に内科的な病気が無い方で、手、足、脇に部分的(局所)に汗が出る病気を「(原発性)局所多汗症」と言います。皆さんやご家族にそのような症状の方はいないでしょうか?(※内科的な病気や更年期障害などが原因で認められる多汗症は、続発性多汗症と言います。手や足だけでなく全身性の発汗になることが多いです。今回は説明致しません。)

 日本では、手や足の局所多汗症に悩む方は約5%という報告がありますが、医療機関への受診率は約6%と低く、多くの方が制汗作用の無い市販のデオドラント剤を使用しているという報告もあります(「原発性局所多汗症診療ガイドライン2015年改訂版」より)。また、「多汗症は病気ではないから受診は恥ずかしい」、「どこの診療科に行ったら良いのかわからない」という声も多いようです。

局所多汗症の診断は?

 局所多汗症には、「局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6ヶ月以上認められ、以下の6症状のうち2項目以上当てはまる場合を局所多汗症と診断」するという診断基準があります。

1) 最初に症状が出るのが25歳以下であること
2) 対称性に発汗がみられること
3) 睡眠中は発汗が止まっていること
4) 1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
5) 家族歴がみられること
6) それらによって日常生活に支障をきたすこと

当院を受診される方は、上記のうち4項目以上、チェックされる方が多いようです。

また、重症度の判定は、自覚症状により4段階に分類されていて、

①発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない。
②発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある。
③発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある。
④発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある。

となっており、③と④が重症の指標になっています。

どんな治療方法があるの?

 保険診療でおこなう治療方法を中心に説明します。
1)外用薬
 少量の塩化アルミニウム液を、寝る前に汗の出る手のひら、足の裏、脇に塗ることで、汗の量が減っていきます。市販薬でも塩化アルミニウムを含んだものはあるのですが、濃度が薄いことが多いようです。副作用として、肌の弱い方は皮膚が荒れることもあります。その場合、1日おきに塗ったり、ステロイド軟膏などを使用することもあります。

 重症の脇汗に対しては、脇汗を抑制してくれる塗り薬が2020年に登場しました。1日1回、脇に塗ることで脇汗を抑制してくれる日本初の薬剤です。現時点では「腋窩多汗症専用」の薬剤であり、手や足には使用できません。また、緑内障や前立腺肥大のある方には使用できません。

2)イオントフォレーシス
 微弱な電流を流した水の中に手を浸し、水素イオンの働きで汗の出る穴を狭窄させて、発汗を減らしていく治療方法です。1週間に1〜2回おこない、10回くらいおこなうと発汗量の低下を自覚する方が多い治療方法です。効果が出た後も1〜2週間に1回は継続しないと、効果がなくなっていきます。「電流を流す治療なんて怖い!」と思われるかもしれませんが、当院には多くの小•中学生が通っております。保険診療でおこなうことができます。

どんな治療方法があるの?(つづき)

3)内服薬
 抗コリン薬という、飲んだ後、数時間は汗が止まる薬が保険診療で処方可能ですが、汗が止まるだけでなく口もカラカラに乾き、目も乾いてしまうなど副作用が多く、私は処方していません。緑内障や前立腺肥大の方には使用できない薬です。

 私が局所多汗症の方に処方する内服薬は、グランダキシン(トフィソパム)という、汗の分泌を調整している自律神経の調子を整える薬です。内服開始の際には少し眠気も出ますが、すぐに慣れてきます。緊張しやすいタイプの方には特に有効な印象があります。もちろん、保険診療です。

4)その他
 他に汗の出る部位や重症度により、手術、神経ブロック注射、ボツリヌス毒素注射などの治療方法を選択することもあります。詳しい治療内容に関しては医療機関や医師にご確認ください。
執筆者
厚別ひばりクリニック 院長 CEO:野崎浩司
医療施設情報