札幌テレビが運営する北海道のヘルスケア情報サイト
医療施設情報

加谷整形外科スポーツクリニック

かやせいけいげかすぽーつくりにっく
住 所
札幌市北区新琴似2条1丁目1-52 新琴似ドクタータウン2F
電 話
代表:011-299-5587
院 長
加谷 光規
休診日
水曜日、日曜日、祝日
診療科
リハビリテーション科 整形外科

診療時間について

診療時間
[午前]
09:00~12:00
[午後]
14:00~19:00
診察・リハビリ予約はこちらから011-299-5584

曜日により診療時間が異なります。
・火曜日と木曜日の午後の診療時間は12:00~19:00です
 (15:00-16:00は受付をお休みします)
・土曜日午後の診療時間は13:00~17:00です
・水曜、日曜、祝日は休診となります

休診・診療時間変更のお知らせ

年末年始は12/29(水)~1/2(日)まで休診とさせていただきます。

特殊診療・設備の特徴

【整形外科一般診療】
“痛みがなくなった状態で診察室から出ていただく”をモットーに、整形外科かかりつけ医として、
骨折や捻挫などのケガ、腰痛や関節痛、骨粗鬆症治療など幅広く整形外科診療を行います。

【筋膜リリース注射】
超音波エコー装置で疼痛の原因を正確に判断して、
エコーガイド下に生理食塩水を注入する筋膜リリース療法を行います。
肩こり、急性頚部痛、急性腰痛症、こむら返りなどが対象となります。

【アスリートのグロインペインに対する治療】
大腿骨寛骨臼インピンジメント、股関節唇損傷、内転筋障害、股関節周囲炎といった
アスリートのグロインペインに対して、リハビリテーションや股関節鏡下手術を駆使して治療を行い、
超早期のスポーツ復帰を目指します

【股関節痛外来】
当院では変形性股関節症に対する人工関節、臼蓋形成不全に対する
鏡視下棚形成術や関節節鏡手術を連携医療機関で行っています。
股関節は痛いけれど、“レントゲンはそれほど悪くないので、お薬やリハビリテーションで様子をみましょう”とか“レントゲンは悪いのですが、まだ若いので人工関節はもう少し待ちましょう”と言われた方はいらっしゃいませんか?
このような患者様に対しても、疼痛原因を明らかにして、筋膜リリース注射、理学療法、内視鏡手術などで治療を行っています。

【オンライン診療】
道内でも札幌圏以外にお住まいの方や、他府県にお住いの方からも
メールなどで医療相談を受けることを経験してまいりました。
そのような方に可能な限りの診療を提供するために、オンライン診療を行っております。

【自由診療】                                                                                                          PRP(多血小板血漿)療法
変形性関節症や筋・腱・靭帯の障害に伴う疼痛に対してPRP(多血小板血漿)療法を行っております。
一回一部位165,000円(税込み)

当医院の特徴

【基本理念】
関節痛や腰痛などでお悩みの方に気軽にお越しいただける、
“整形外科のかかりつけ医”になることが私どもの目標です。
「この痛みの原因は?」、「どんな治療があるのだろう?」といった患者様の課題や不安にはもちろん、
「手術を考えているけど、どこの病院で受けたらいいだろうか?」といったお問い合わせにも寄り添って参ります。
広く快適なリハビリテーション室で皆様にゆったりとしリハビリテーションを行っていただき、
皆様の健康と安心のサポートに繋げていきたいと思います。
スポーツドクターとして、子供から大人まで、レクリエーショナルからトップレベルまで、
すべてのスポーツ愛好家の皆さんに大好きなスポーツを楽しんで頂けるように応援して参ります。
リハビリ室の人工芝を敷いた運動スペースは私どものこだわりの空間です。
サッカーのキック動作や野球の投球フォームなどのスポーツ動作を確認しながら、
スポーツ障害の発生の予防とパフォーマンスアップのお手伝いをして参ります。

【診療の特色】

●充実したリハビリテーション:
 最新の機械を用いて、人工芝運動スペースを併設した
 広いリハビリテーション室で理学療法士がマンツーマンで治療を行います。

●医療コンシェルジュとしての役割:
 「整形外科の手術を受けたいのですが、どの病院を受診したらいいでしょうか?」
 整形外科の手術も高度化と専門化が進んでいて、
 すべての整形外科医、病院が高水準の手術を提供出来るという訳ではありません。
 “医療コンシェルジュ”として最適な医療機関をご紹介致します。                                                   

●スポーツクリニックとしての役割:
 “アスリートに痛みなく大好きなスポーツをしていただきたい”というのが私どもの願いです。
 ・ スポーツ障害の治療、予防とパフォーマンスアップを目指した整形外科医療
 ・ 生涯スポーツへのサポート
 ・ 中高年者ゴルファーに対するゴルフ理学療法

関連情報

先生の声

交通アクセス・周辺環境

●バスでお越しの方 
・ジェイ・アール北海道バス 
①新琴似線(琴46:地下鉄麻生駅前~地下鉄琴似駅前)
②南新川線(37:大通西4丁目~北25条西15丁目)
「新琴似1条1丁目」 または 「新琴似3条1丁目」 より徒歩約2分

・北海道中央バス  
(北73:北24条駅前~手稲高校/新川営業所)
「新琴似1条1丁目」 より徒歩約2分

●JRでお越しの方 
 JR学園都市線「新川駅」より徒歩約8分

●車でお越しの方 
 新琴似ドクタータウン無料駐車場あり(43台)

医院周辺の天気