札幌テレビが運営する北海道のヘルスケア情報サイト
医療施設情報

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

さっぽろいんぷらんと・きょうせいでんたるくりにっく
住 所
札幌市中央区南19条西14丁目1-20ライオンズマンション伏見公園
電 話
011-520-3123
院 長
院長 玉野 宏一
休診日
木曜、日曜・祝日
診療科
歯科 矯正歯科 歯科口腔外科

診療時間について

診療時間
[午前]
10:00~13:00
[午後]
14:30~19:00
火曜日午後の診療は18時まで
土曜日午後の診療は17時まで

休診・診療時間変更のお知らせ

変更のご案内はございません。

特殊診療・設備の特徴

【OAM(Oguchi Augmentation Method)インプラント】
札幌インプラント・矯正デンタルクリニックでは、OAMインプラントを導入しております。通常のインプラント手術は、ドリルで骨を削り穴をあけていきますが、このOAM式インプラント手術はほとんどドリルを使用しません。骨が少ない方や骨が痩せてしまい従来の方法ではインプラントが困難だったケースでもこのOAM方式であればインプラントが可能となります。
また、治療期間を短縮する抜歯即時埋入法という治療法も可能です。痛みや腫れが少なく負担の少ない治療となります。

※自由診療となります。費用の詳細はHPをご覧ください。(料金記載ページはこちら)

【インビザライン】
インビザラインは1997年、アメリカのアライン社により開発された矯正装置です。
従来のブラケット、ワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着していても外見上ほとんどわかりません。特に自分で脱着できる事が大きな特徴であり、食事も歯磨きもいつも通りできます。

※自由診療となります。詳しくはHPをご覧ください。(料金記載ページはこちら)

【静脈内鎮静法】
インプラント手術の不安、恐怖を感じる方もいるかと思います。
同クリニックでは静脈内鎮静法による麻酔を施しています。

静脈内鎮静法とは、点滴を使って麻酔を注入する方法です。
全身麻酔のように意識がなくなることはなく、ほろ酔いや半分眠っている感覚でリラックスして治療を受けることが可能です。

同クリニックでは北海道大学病院から麻酔科の先生を招いて安全に麻酔が行えるように体制を整えています。

詳しくはこちらをご覧ください。(静脈内鎮静法について)

【CGF再生療法】
インプラント手術前に患者さんの血液を採取し、血小板濃縮フィブリンゲルを作ります。
添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルです。
何より完全自己血液なので感染症のリスクがほとんどありません。
インプラント手術時の傷の治りを早くしたり、骨や歯周組織の再生・回復を早めます。

自由診療となります。 インプラント埋入手術追加料金(GBR、ソケットリフト、サイナスリフトに含まれます)詳しくはこちらをご覧ください。(料金記載ページはこちら)

当医院の特徴

精度の高い歯科医療のためにデジタルマイクロスコープを導入しております。
歯科治療においては、治療部位が大変小さく、正確で繊細な手技が要求される医療です。

これまでの歯科医療では、細かい作業において歯科医師の「勘」や「感覚」に頼る部分がありました。

より高度な歯科医療を行うために、札幌インプラント・矯正デンタルクリニックでは歯科用デジタルマクロスコープを導入しております。

歯科用デジタルマイクロスコープは、通常のマイクロスコープのようにレンズを覗くのではなくて、モニターに映し出された映像を見ながら治療します。

静止画、動画も撮影できますので、患者様へのビジュアルによる説明が可能となり、インフォームドコンセントにも役立つと考えております。

関連情報

先生の声

交通アクセス・周辺環境

市電ロープウェイ入口停留所下車・徒歩1分

医院周辺の天気